1次試験対策

運営管理で60点をとるために必要な中小企業診断士の勉強法

更新日:

運営管理は企業経営理論、財務・会計と並んで中小企業診断士試験の中核を占める科目です。

さらに、二次試験の事例Ⅲにも直結する内容であるため、試験突破のためには避けては通れませんが、運営管理は暗記で試験対策できる科目であるため、難しく考える必要はありません。

頻出論点をしっかりと抑えた試験対策をすれば合格点を必ず獲得できる科目です。

そこで本記事では、運営管理で合格点を獲得するための勉強法についてお伝えしていきます。

中小企業診断士の運営管理の難易度(レベル)

運営管理の難易度(レベル)は

  • 普通

です。

「生産管理」と「店舗販売管理」のジャンルが違う2つの分野を学習しなくてはならないので勉強範囲は広大です。

しかし暗記科目なので、きっちり勉強時間を確保すれば合格点の獲得は可能です。

運営管理の設置目的

科目設置の目的(出題者の真意)を知っておくことは、どの他科目おいても、基礎理解を促進させるために非常に重要です。

そこで、中小企業診断士の試験案内に記載されている運営管理の科目設置目的をみてみると、

中小企業の経営において、工場や店舗における生産や販売に係る運営管理は大きな位置を占めており、また、 近年の情報通信技術の進展により情報システムを活用した効率的な事業運営に係るコンサルティングニーズも 高まっている。このため、生産に関わるオペレーションの管理や小売業・卸売業・サービス業のオペレーショ ンの管理に関する全般的な知識について、以下の内容を中心に判定する。

引用:平成31年度中小企業診断士第1次試験案内

と書かれています。

  • 生産管理
  • 店舗販売管理

の2つで構成されています。

運営管理の問題数と配点

運営管理の問題数は42問前後。

「生産管理」と「店舗販売管理」からほぼ半々の割合で出題されます。

配点は1問あたり2~3点。

問題文に配点が書かれていないため、どの問題が3点配点なのか、試験時にはわかりませんが、傾向を見ると基礎的な問題の配点が高くなっています。

試験時間は90分。ただし、計算問題もあるため、時間はややタイトです。

頻出論点の問題は配点が高い傾向にあるため、必ず得点すべき分野です。

問題に優先順位をつけ、確実に得点できる問題からこなしていくことが大切です。

運営管理の科目合格率推移

運営管理の過去5年間の科目合格率推移は以下の通りです。

・平成26年度 17.8%

・平成27年度 20.5%

・平成28年度 11.8%

・平成29年度 3.1%

・平成30年度 25.8%

以前は比較的難易度が安定していましたが、平成28、29年度と連続して難化しました。

平成30年度には再度易化し、5年平均で見ると合格率が高い水準で安定している科目です。

中小企業診断士の運営管理の勉強範囲

運営管理は工場のオペレーション管理に関する知識を扱う「生産管理」と、卸売業や小売業の店舗運営、販売業務に関する知識を扱う「店舗販売管理」の2分野から出題されます。

試験範囲が一番広い科目なため、多くの知識をインプットする必要があり、勉強時間の十分な確保できるかが大きなポイントです。

運営管理の頻出論点

運営管理は

  • 生産管理
  • 店舗販売管理

の2つの分野から出題されます。

ここ数年の大きな変化として、計算問題の出題が増加しています。

以前は計算が必要な問題は2~3問だったのが、平成30年度は約5倍の10問も出題されました。

ただし計算問題も公式の暗記、基本的な理解さえできていれば解答可能な問題がほとんどです。

生産管理

生産管理の分野は、

  • 生産管理概論
  • 生産のプランニング
  • 生産のオペレーション
  • その他生産管理に関する事項

の4つです。

生産管理の頻出論点

生産管理で必ず抑えておくべき論点は、

  1. 生産管理の基礎
  2. 工場レイアウト
  3. 生産方式
  4. VE
  5. PERT
  6. 在庫管理
  7. IE

の7つです。

店舗販売管理

店舗販売管理の分野は、

  • 店舗・商業集積
  • 商品仕入・販売(マーチャンダイジング)
  • 商品補充・物流
  • 流通情報システム
  • その他店舗・販売管理に関する事項

の5つです。

店舗販売管理の頻出論点

店舗販売管理で必ず抑えておくべき論点は、

  1. 店舗施設に関する法律知識
  2. 店舗設計
  3. マーチャンダイジング
  4. 物流戦略
  5. 販売流通情報システム(JANコード、POS等)
  6. WEBマーケティング

の8つです。

以前は経営情報システムで出題されていた統計学の問題が平成30年度では運営管理で出題されています。

中小企業診断士の運営管理の勉強法

運営管理も他の科目同様、細かいところに入りすぎず、頻出論点を中心に学習を進めていくことが大切です。

序盤

運営管理は暗記科目だと割り切った勉強が必要です。

まずはテキストを使い、基礎的な内容を覚えましょう。そして、テキストを理解したら、すぐに過去問を使い問題をどんどん解きます。

テキストだけで学習するよりも過去問を使って手を動かしたほうが、記憶に定着させやすくなります。

学習の順序としては、理解も必要な「生産管理」から取り組むべきです。

「店舗販売管理」は暗記の比率が高いので、後回しにして問題ありません。

生産技術(加工方法など)や店舗施設に関する法律(まちづくり三法)は、完全に暗記分野な上、深く学習しても得点効率は低いので最後にまわしましょう。

中盤

一通りテキストの内容を学習したら、過去問や問題集を使用して演習中心の学習への切り替え時期です。

「生産管理」は細かい知識や活用方法まで問われるので、演習を行いながら知識を定着させていきます。

計算問題の出題も増えてきているため、標準時間や在庫管理、GMROIなど頻出論点の計算問題は確実に正解できるレベルまでに公式の暗記は必須です。

終盤

引き続き問題演習を繰り返し、基礎的な内容の理解および知識定着を確実なものにする総仕上げの段階です。

この時期に注力すべきは、店舗販売管理の暗記です。

店舗販売管理は覚えれば覚えただけ、比例して得点を稼げます。そのため、テキストの内容はきっちりと暗記しましょう。

WEBマーケティングの知識やHACCPなど時流に沿った問題が最近では出題されます。そのため、テキストに加え、関連分野の知識習得をできると高得点が狙えます。

中小企業診断士の運営管理の勉強のコツ

計算問題が増えてきているとは言え、運営管理は暗記科目です。

計算問題もそれほど複雑な問題は出題されないので、知識さえ増やしていけば比例して得点は増加します。

生産管理の勉強のコツ

生産方式やレイアウト、IEなどの理論は暗記で構わないので覚えましょう。

生産管理は、一見すると深い理解が必要に感じますが、一次試験の問題は知識で解答できる問題ばかりです。

そのため、問題演習を繰り返していけば次第に記憶に定着していきます。

とにもかくにも理論を暗記することが生産管理で高得点を獲得する第一歩です。

店舗販売管理の勉強のコツ

店舗販売管理は生産管理以上に、完全に「暗記科目」です。

知識量がモノをいうので、とにかく暗記です。これにつきます。

GMROIなど、計算が必要な問題も出題されますが、公式を覚えていれば解答できます。

物流や販売情報システム(POSやICタグなど)は出題頻度も高いので、重点的に取り組むべきです。

受験校のテキスト以外も活用しよう

製造業馴染みのない方で、受験校のテキストだけでは生産管理について十分理解できない場合はテキスト以外の参考書を活用すべきです。

製造業にこれから携わる新人向けの参考書だと、とても分かり易く噛みだいて表現してくれているので、中小企業診断士受験生でも容易に理解できます。

生産管理の基本が面白いほどわかる本

中小企業診断士の方が書かれているため、中小企業診断士試験にとてもマッチしています。

名前の通り生産管理の基本がわかりやすくまとめられており、初学者におすすめです。

生産管理が苦手な方は、書いてある単語がどんな内容具体的なイメージを作ってから問題演習に取り組むと効果的です。

まとめ

運営管理は「暗記科目」です。

知識量がモノをいうので、頻出論点の理論や知識の暗記につきます。

計算問題も決して難しくありません。知識が定着していれば必ず解答できます。

試験範囲が非常に広いため、勉強効率の観点から高得点を狙うのはおすすめしませんが、きっちり取り組めば合格点は必ず獲得できる科目です。

最初は苦戦するかもしれませんが、それほど深い知識は問われないので、テキストの内容をしっかりと定着させていけば問題ありません。

学習時間は必要となるので、早めの学習開始をおすすめします。

-1次試験対策

Copyright© 中小企業診断士アール博士の独学合格ラボ , 2019 All Rights Reserved.