通信講座

診断士ゼミナール(レボ)はコスパ最強の中小企業診断士通信講座

更新日:

診断士ゼミナール(レボ)は中小企業診断士の通信講座のなかでコスパ最強であることは間違いありません。

コスパ最強ではありますが、あなたの状況によっては他の通信講座の方が適している場合もあります。

そこで本記事では、診断士ゼミナール(レボ)を受講する

  • 受講料金がゲキヤス
  • 3年間受講料無料+お祝い金制度
  • 他の学校ではほぼあり得ない質問が無制限

3つのメリットと

  • テキストや問題集の漢字変換ミスなど誤植が見受けられる
  • テキストや講義動画をスマホでみようとすると保存データ容量をかなりとられる
  • オプションで印刷を選ばず自分で印刷するとオプション料金以上の金額になる

の3つのデメリットをお伝えしていきます。

メリットとデメリットを理解したうえで、診断士ゼミナール(レボ)の受講するかしないかの決断くだしましょう。

診断士ゼミナール(レボ)の特徴

どの通信講座であってもメリットとデメリットの両者が必ず存在するため、

  • メリットがデメリットを上回ると感じるのであれば受講するべき
  • デメリットがメリットを上回ると感じるのであれば受講はやめるべき

で比較検討することが重要です。

これから診断士ゼミナール(レボ)の特徴をご紹介していきますので、あなたの気持ちがどちらに該当するかの判断基準にご活用ください。

診断士ゼミナール(レボ)を受講するメリット

診断士ゼミナール(レボ)を受講するメリットは、

  • 受講料金がゲキヤス
  • 3年間受講料無料+お祝い金制度
  • 他の学校ではほぼあり得ない質問が無制限

の3つです。

受講料金がゲキヤスな点だけみても診断士ゼミナール(レボ)を受講するに値する大きなメリットです。

受講料金がゲキヤス(TACと比較)

診断士ゼミナール(レボ)の受講料金は、他の講座を圧倒する価格です。

最大手であるTACと比較してみるとその価格は歴然としています。

コース 診断士ゼミナール(レボ) TAC
1次2次試験合格コース 49,800円 296,000円
1次試験合格コース 42,000円 245,000円
2次試験合格コース 19,800円 253,000円

※同程度のコース(内容)で比較

一番人気の1次2次試験合格コース でみると、TACよりも診断士ゼミナール(レボ)が約25万円も安いのは衝撃的以外の言葉がみあたりません。

表向きの金額は49,800円ですが、実はもっと安い金額だという事実が存在します。

3年間受講料無料+お祝い金制度(スタディング(旧通信講座)と比較)

TACよりもが約25万円やすいだけでも衝撃的ですが、診断士ゼミナール(レボ)にはなんと3年間受講料無料という制度があるため、1次2次試験合格コースを例に1年間の支払金額に換算すると、16,600円で中小企業診断士の通信講座が受講できてしまいます。

コース 診断士ゼミナール(レボ) スタディング(旧通勤講座)
1次2次試験合格コース 16,600円 74,980円
【参考】合格お祝い金 30,000円 10,000円

※同程度のコース(内容)で比較

診断士ゼミナール(レボ)の次に価格的に安いスタディング(旧通信講座)と比較してみてもその安さが抜きでにていることが分かります。

これだけでも凄いのですが、さらに合格者には最大30,000円(支給要件あり)ものキャッシュバックまであって至れり尽くせりです。

スタディング(旧通信講座)の10,000円も他と比べ高額なお祝い金です。
ただ、それをはるかに超える30,000円は大盤振る舞いとしか言えません。

他の学校ではほぼあり得ない質問回数が無制限

これだけ金額が安いと、テキストが分かりづらかったり、受講期間のサポートが不親切だったりと安かろう悪かろうではないかとの疑問が生まれますよね。

診断士ゼミナール(レボ)はメールで無制限に質問できるため、自分が理解できない点をしつこく聞くことができます。

そのため、通信講座の受講生によくありがちな内容が理解できず途中で挫折してしまう可能性を心配する必要はありません。

学校 質問回数の制限なし
診断士ゼミナール(レボ)
クレアール
TAC
スタディング(旧通信講座)

質問回数が無制限で質問できる学校は、診断士ゼミナール(レボ)とクレアールしかありません。

診断士ゼミナール(レボ)とクレアール以外の学校はそもそも質問回数に制限があるため、自分で分からない点を潰すことができないと、途中で挫折してしまう可能性が高いです。

価格の安さに加え、メールでの質問回数無制限から、とても誠実な対応している信頼できる通信講座の証拠と言えます。

診断士ゼミナール(レボ)を受講するデメリット

診断士ゼミナール(レボ)を受講するデメリットは、

  • テキストや問題集の漢字変換ミスなど誤植が見受けられる
  • テキストや講義動画をスマホでみようとすると保存データ容量をかなりとられる
  • オプションで印刷を選ばず自分で印刷するとオプション料金以上の金額になる

の3つです。

金額がとても安く、対応も誠実ではあるものの、細かな部分においては大手通信講座と比較して劣っているのが率直な感想です。

テキストや問題集の漢字変換ミスなど誤植が見受けられる

診断士ゼミナール(レボ)は代表である松永さんが1人で全科目のテキスト、問題集、過去問などを担当しています。

一人で全てをこなしているため、どうしても漢字変換ミスやてにをはの使い間違いなどが見受けられます。

あえて言えば、安かろう悪かろうの悪い部分と言えますね。

価格の安さと天秤にかけてどうするか考えましょう。

テキストや講義動画をみるとスマホで保存データ容量をかなりとられる

学校 視聴形式
診断士ゼミナール(レボ) ダウンロード
クレアール ストリーミング
TAC ストリーミング
スタディング(旧通信講座) ストリーミング

ダウンロード形式にしてしまうと、データを保存できます。

すると、翌年以降不合格だった場合もその講義をみながら勉強できてしまうため、診断士ゼミナール(レボ)以外の学校ではダウンロード形式ではなく、ユーチューブのようなストリーミング形式で提供しています。

3年間受講料が無料であるという強みがあるからこそ、ダウンロード形式での提供を可能にしています。

オプションで印刷を選ばず自分で印刷するとオプション料金以上の金額になる

電子データだけで勉強が完結できるのであれば問題ありませんが、勉強をしていく中で紙ベースでのテキストや過去問は必要になってきます。

ページ数が膨大なため、自分で印刷しようとすると紙代およびインク代などで2万円ほどはコストがかかってしまいます。

紙ベースでの教科書や過去問などの印刷をオプションで付けたほうが無難です。

その場合はテキスト等の印刷代として、18,500円加算されます。

オプションの印刷代金を含めると、49,800円(1次2次試験プレミアムフルコース)+18,500円(印刷代)-30,000円(合格お祝い金)で実質価格は38,300円となります。

印刷代をオプションでつけるかつけないかで、値段が変わってくるので注意しましょう。

診断士ゼミナール(レボ)のテキストと講義内容

診断士ゼミナール(レボ)のテキスト

診断士ゼミナール(レボ)テキスト2

テキストはフルカラーなので、非常にみやすいです。

また、イラストや図、表なども多く使われているので、内容が理解しやすいのは間違いありません。

写真はる

ただし、中小企業診断士であり代表の松永さん一人で制作していることもあってか残念なことに手作り感あふれるテキストになっているため、市販されているようなしっかりとしたテキストで学びたい人には向かない印象です。

診断士ゼミナール(レボ)の講義


テキストに書いてある内容を読んでいくだけの授業や講義だとほとんど意味をなしません。

診断士ゼミナール(レボ)の松永さんはこの辺りにかなり気を使ってくれいるせいか、自分の経験談や実際に起こっている事例をあてはめながら授業を展開してくれます。

しかし、声に抑揚があまりないので、疲れているときに視聴するといつの間にか寝てしまっている事態に陥いる可能性があるので注意しましょう。

実際の事例をあてはめながら解説は理解の促進にとても有効的です。

診断士ゼミナール(レボ)のカリキュラム(スケジュール)

診断士ゼミナール(レボ)カリキュラム
診断士ゼミナール(レボ)の総講義時間は約270時間です。

この講義時間数だけ伝えても比較対象がないと良いのか悪いのかの判断ができません。

そこで、最大手の学校TACと比較してみます。

学校 カリキュラム数 総講義時間
診断士ゼミナール(レボ) 94.5回 270時間
TAC 91回 228時間

※TACの1・2次ストレート本科生と比較

最大手の予備校TACのカリキュラム(1次2次試験総合コース)が91回、合計227時間であるのに対し、診断士ゼミナール(レボ)は94.5回、270時間となっています。

最大手予備校のTACにカリキュラムひけをとらないどころか、充実しています。

 

診断士ゼミナール(レボ)での勉強法

診断士ゼミナール(レボ)の通信講座で勉強をしていく上で重要なことは、質問制度をいかにして上手に利用できるかです。

上手に利用するためには質問する内容を限りなく具体化しましょう。

ポイントは、

  • どこの
  • 何が
  • どのように分からない

の3つの明確化です。

ここが明確化できない場合は、あなた自身が何が分からないのか分からない状態に陥っています。

あなた自身が何が分からないのか分からないまま診断士ゼミナール(レボ)に質問しても希望する返答はかえってきません。

質問する際は、希望する返答をもらうためにも

  • どこの
  • 何が
  • どのように分からない

の項目がちゃんと入っているか確認しましょう。

診断士ゼミナール(レボ)への質問が十図になるのは2次試験勉強にもいきる

中小企業診断士の2次試験は1次試験のマークシートとは異なり、筆記となります。

その中身は、事例企業が成長していくための経営アドバイスや助言が解答に求められます。

アドバイスや助言の内容を説得力を持って、解答するのも基本的な考え方は一緒です。

思考を言語化できることは、優れたビジネスマンとして活躍する必須スキル

診断士ゼミナール(レボ)の口コミ(評判)

 

この投稿をInstagramで見る

 

#ヨルグラ * 今日は定時退社でよくがんばりました◎ #モニグラ成功 したし、平日3時間超えはなかなか良き。 * まだ23時だしもうちょっとやろうかな〜と思ったけど、最初に飛ばしすぎると続かないからもうやめよう! * ちなみに、、 最初は独学にしようと思ったけど、すべてを全力にやってしまう性格のため、効率が悪く、 #レボ の#診断士ゼミナール さんにお世話になることにしました * #中小企業診断士 #中小企業診断士受験生勉強垢 #勉強垢 #勉強垢さんと繋がりたい #資格勉強 #社会人の勉強垢 #大人の勉強垢 #study

ちぴさん(@chipi.study)がシェアした投稿 -

診断士ゼミナール(レボ)の合格者の声

初心者でも合格できた(大阪府在住 Rさん 男性 55歳)

まったくの初学者でしたが、無事合格できました。診断士ゼミナールだけに絞って他の教材は使いませんでしたが、質問にも親切にサポートしてくれたので不安を払拭できました。私は仕事をしながらのトライだったのですが、忙しい中でもスマホを使うことで、通勤時間を利用して効率よく勉強できたと思います。これから診断士として頑張ります!! 本当にありがとうございました。

指し棒も効きました!(福岡県在住 Aさん 女性 48歳)

診断士ゼミナールさんのおかげでなんとか合格することができました。動画では具体的な例を用いたり、噛み砕いて説明してくれるので、初学者の私でも理解が早く、サクサクと勉強を進めることができました。また、指し棒で「今どこを説明しているのか」を示してくれるのも分かりやすかったです。

価格で不安だったが……大満足!知人にも勧めます(千葉県在住 Sさん 男性30歳)

診断士ゼミナールの講座は、他の予備校よりも価格がかなり安かったため、正直、初めは不安な気持ちもありました。
しかし、実際に受けてみて驚きました。テキスト片手にただしゃべっているだけの講義とは 全く違い、グラフに動きをつけるなど、1回1回の授業を非常に丁寧に作り上げていて、 感動すら覚えました。イメージとして捉えられるので、記憶の定着も図りやすかったです。周りにも中小企業診断士を目指そうとしている知り合いがいるので、ぜひ勧めてあげたいと思っています。

診断士ゼミナール(レボ)はなぜ破格の値段でそして、誠実な対応をしてくれる理由

ネット環境がこれほどまでに整う以前の中小企業診断士の講座は20~30万円と合格なものしかありませんでした。

20~30万円だと人によっては高額で手を出すことができず、中小企業診断士の試験勉強をあきらめてしまう人を診断士ゼミナール(レボ)の代表で中小企業診断士の松永さんは、数多くみてきたそうです。

経営全般の知識、論的思考力など、ビジネスマンとして活躍するのに非常に役立つ素晴らしい資格をもっと多くの人が気軽に挑戦できるような環境を整えたいと感じ、「高品質な講座を低価格で提供」をコンセプトに低価格で運営しているとのことでした。

松永さんが中小企業診断士にかける情熱の強さが、診断士ゼミナール(レボ)が中小企業診断士の通信講座のなかでコスパ最強につながっています。

まとめ

診断士ゼミナール(レボ)は、中小企業診断士の通信講座のなかで、コスパ最強であることは間違いありません。

コスパ最強ではありますが、あなたの状況によっては他の通信講座の方が適している場合もあります。

そのため、

  • 受講料金がゲキヤス
  • 3年間受講料無料+お祝い金制度
  • 他の学校ではほぼあり得ない質問が無制限

の3つメリットと、

  • テキストや問題集の漢字変換ミスなど誤植が見受けられる
  • テキストや講義動画をスマホでみようとすると保存データ容量をかなりとられる
  • オプションで印刷を選ばず自分で印刷するとオプション料金以上の金額になる

の3つデメリットを天秤にかけて、本当に診断士ゼミナール(レボ)を購入するかどうかを検討しましょう。

-通信講座

Copyright© 中小企業診断士アール博士の独学合格ラボ , 2019 All Rights Reserved.